脳トレスクールを横浜でお探しならご相談ください!

ラーニングスタジオ First
  • 合同会社ファースト Tel.045-620-6499
  • お問合せフォーム

Noutore横浜の脳トレ

ラーニングスタジオ Firstでは、ドローンとプログラミングを融合させた脳トレスクールで、楽しみながら脳を活性化させることができます。
「ドローンで脳トレができるってどういうこと?」と疑問を持つ方も少なくないと思いますが、ドローンを操縦することは楽しいだけでなく、空間認識能力を高め、右脳の活性化を図れることが化学的に証明されています。それにより、観察力や集中力を向上させ、創造力、認識力、思考力を養うこともできるのです。
当スクールでは、「キッズプログラミング教育」「ドローン操縦士コース」「脳活性プログラミング」の3つのコースを用意して、小さなお子様から高齢者までが受講できるようになっています。

横浜の脳トレ

キッズプログラミング教育では、体験コースを用意して、初めてドローンに触れるお子様でもプログラミング教育を楽しく体験することが出来ます。
すでにプログラミングは小学教育現場では必修となっていて、大学入試での導入も検討されている必要不可欠な分野です。少額入学前からプログラミング能力を高めることには大きな意味があります。専用アプリも使用して、プログラミングの基本から学ぶことができます。
ドローン操縦士コースでは、国土交通省監理団体のドローン資格を最短2日で取得可能となっています。
当スクールに興味のある方は、どうぞお気軽にお問合せください。

01脳トレとは

脳トレというのは脳トレーニングの略称であり、具体的には脳の柔軟な思考力を鍛えるために行われるあらゆるトレーニングのことを指しています。
さまざまなトレーニングを行うことにより柔軟な思考力が養われ、これまでは思いつかなかったような革新的なアイディアが沸いたり勉強にも役立ったりします。
脳を鍛えることは筋トレをするよりも効果的だという方もいるくらいで、脳の機能低下を予防できる働きがあるため認知トレーニングとも言われています。
筋肉は使わないとすぐに衰えることを認識している方は多いと思いますが、実は脳は筋肉よりも変化が速やかで、使用しなければ筋肉よりも早く変化を起こしてしまうのです。
これは悪いことではなく、良く考えれば脳の変化は速いため、しっかりトレーニングをして活性化させれば、すぐに効果が表れることも意味しています。

脳トレとは

脳を鍛えれば、記憶力や思考力を向上させることができ、認知機能低下のリスクを軽減させるだけでなく、年齢を重ねても新しいことにどんどんチャレンジできることにもつながります。
今では簡単にできるゲームも販売されていて、それ以外にも簡単にできる方法がたくさん用意されているので、積極的にトレーニングすることをおすすめします。

02脳トレを初めて行うときの注意点

脳トレを初めて行うときの注意点

脳の老化を予防する目的で初めて脳トレにチェレンジするときには、最初からあまり張り切らないように注意しましょう。楽しくトレーニングできれば長続きさせることができますが、楽しさよりも苦痛が上回ってしまうとすぐに挫折してしまう可能性を高めることになってしまいます。
高齢者ほど脳トレを楽しんで行うことが重要で、頭脳に挑戦するアクティビティとして楽しむことを心掛けましょう。そうすれば、どんなに歳を取っていても記憶力や思考力を高められ、反応時間を短くでき、認知能力を向上させることができます。どうしてもトレーニングと聞くとハードな運動を連想してしまう方も多いようですが、あくまでもゲームとして捉えて、決して辛いものではないことを認識することから始めましょう。
まずは新しい趣味を見つけたと考えて、それを習慣づけてください。はじめから難しい課題に挑戦する必要はありません。それほど効果がないとしても、まずは自分にとって簡単な課題からはじめることをおすすめします。
最初は1日数分にして、徐々に時間を長くして新しい課題に取り組んでいきましょう。最終的に、1日30分もトレーニングできればOKです。

03脳に関する3つのお悩み

1.知能指数
若い人が抱える脳の悩みで多いのは、知能指数に関することです。
学校でIQテストを実施して、知能指数が低いと判定されて大きなショックを受ける方も少なくないようです。
IQは知能指数を表す数値のことで、100を基準にしてそれより数値が大きいか小さいかで頭の良さが判断されます。
ただし、知能指数が高いからといって勉強ができるわけではなく、IQの数値が低くても努力をすれば良い大学などに入ることはできます。IQを高める方法もたくさん用意されています。

2.物忘れ
歳を重ねていくと多くの人が物忘れで悩むようになります。確かに物忘れは加齢に伴って生理的に起きる変化の一つですが、若い人にも良く起きることで、日常生活に支障がないならそれほど悩む必要はありません。
物忘れは誰にでもあることで、過度な心配をすることは精神的にも良くないので、気にしないことが一番です。
明らかな記憶障害が起きたなど、生活に支障をきたす場合はすぐに病院で診てもらいましょう。

3.認知症
脳に関して高齢者が抱えることで最も多いのが認知症です。
物忘れは誰にでもあることですが、少し前にしたことを忘れるようになったり、身内や良く合う人の名前などがわからなくなったり、お金の支払いの仕方などが分からなくなったりした場合は、認知症を疑った方が良いと思います。

04脳トレの種類

一口で脳トレと言っても、それには数えられないほどの種類があります。そもそも脳を活性化させるトレーニングのことなので、その目的が果たせるもの全てが当てはまるのです。そのため、しりとりクイズなどもその1種で、家族や友人などと意識しないで良くやっているという方もたくさんいると思います。
ゲームも立派な脳のトレーニングで、特に将棋囲碁などはかなり頭を使うので、ハードなトレーニングとなり、趣味として楽しむことができればストレス解消にもつなげられます。オセロなども良いトレーニングで、これなら難しいルールを苦労して覚える必要もありません。
趣味としてトレーニングを積みたいなら、パズル塗り絵を選択するのもおすすめです。パズルにはいろいろな種類が用意されていますが、世界地図や日本地図などを選択すれば、国名や県名も自然に覚えられるので一石二鳥です。
絵が好きな方には塗り絵が向いています。小さなお子さんがいるなら、一緒に楽しむことができます。
子どもと一緒に楽しみたいなら、間違い探しもおすすめで、間違い探しには子供向けのものから大人でも探すのがかなり難しい上級者向けのものも用意されています。数独も、楽しみながらできるおすすめのトレーニングです。

05本社とスタジオを横浜市西区に置く脳トレスクールです

当スクールでは、本社とスタジオを神奈川県横浜市西区に置いて、ドローンを活用した脳トレを提供しています。小さなお子様から中高年まで幅広い年齢層に、プログラミングやドローンの操縦などを教えています。
横浜市西区は、神奈川県の中心地である横浜駅がある街で、横浜都心に指定されています。
横浜市を構成する18行政区の中では最も面積が小さく人口も10万人程度とそれほど多くはありませんが、横浜の象徴であり日本で2番目に高いビルである「ランドマークタワー」や、オフィス、商業、文化、アミューズメント、住宅などの多様な機能が集積した「みなとみらい21」を擁するなど、まさに大都市横浜を代表する地となっています。
横浜市の中央に位置し、海にも面しており、連日多くの観光客で賑わっています。
日本を代表する企業の本社も数多くあることも特徴で、都会的で先進的な雰囲気が街中に漂っています。
大都市でありながら緑あふれる環境にあり、現代と自然が融合したとても住みやすい街としても人気が高いです。
横浜駅があることから東京などへのアクセスも非常に良く、駅前にはお店も多く、夜中でも明るく治安の面でも心配いりません。

06スクールに通うための費用について

学習塾も含めて、幼稚園や小学生のときから習い事をさせる親は年々増えていますが、当然ですがスクールに通うためにはお金が掛かります。
今では習い事の中でもプログラミングが注目されていて、その理由は小学校の必修科目となったからです。プログラミングは何のために必要なのか良く理解できていない親も多いと思いますが、プログラミングを学ぶことより、理論的思考を高められるだけでなく、問題解決能力なども身につけられて、その他の勉強にも将来社会へ出たときにも役立つことになると言われているのです。
プログラミングを教えているスクールは横浜市内にも数多くありますが、費用相場は月に6,000〜12,000円程度となっています。

スクールに通うための費用について

一般的な学習塾の場合は、受講する科目の数によっても異なりますが、1教化でも5,000円以上するので、プログラミングスクールに通うための費用は決して高いとは言えないと思います。
その他のスクールと比較しても、英会話に通う場合の費用相場は月に3,000〜10,000円、そろばんは4,000〜8,000円程度となっています。
スポーツ系では、水泳が5,000〜10,000円、サッカーだと2,000〜10,000円、最近人気が高いダンスは4,000〜10,000円が月に支払う費用の相場となっているようです。

07脳を退化させないための3つのポイント

01病気の早期発見を心掛けよう

40代50代あたりから、多くの方は脳の老化を気にし出しますが、この歳になるとただ単に脳機能が低下しているだけでなく、脳の病気になっている可能性も高くなります。代表的なものにはアルツハイマー型認知症があり、何よりも早期発見が大事になります。
この病気には段階があり、早めに治療を行うことで進行を遅らせることができ、今後は薬による回復も見込まれています。
物忘れだけでなく、最近イライラが酷くなっていたり、しっかり睡眠がとれなくなっていたり、頭痛や胃痛などがある場合は、早めに専門の病院で診てもらいましょう。

02生活習慣を改善する

糖尿病などの生活習慣病や歯周病などは、脳の老化にもつながるため、早めに改善するようにしなくてはいけません。
すでに症状が出ている場合は、すぐに病院で治療を受けましょう。まだ症状が出ていない方でも、心当たりがある場合は、健康的な生活を送れるように生活習慣を改善することを強くおすすめします。
糖尿病になるともう完治はできないので、手遅れになる前に対策してください。

03質の良い睡眠をとる

脳の老化を遅らせるためには、質の良い睡眠をとるのもかなり大事なことです。
若いときはあまり睡眠をとらなくても大丈夫だとしても、年齢を重ねればしっかり睡眠をとらないと脳を退化させることになってしまいます。
忙しくて睡眠時間をあまりとれない方でも、枕などの寝具にも工夫するなどして、質を高めることに努めましょう。

08スクールごとの違い

脳トレと言ってもその種類はかなりあるため、専門のスクールの教え方などにも大きな違いがあります。
スクールによっては通信教育講座のように自宅でできる教材を用意しているところもあり、コロナウイルス感染症の影響もあってリモートで授業を受けられるスクールも増えているようです。
対面で授業を受ける場合でも、今ではパソコンやタブレットを使用して、小さなお子さんから中高年の方々までが楽しみながらトレーニングできる環境を整えているスクールも多くなっているようです。
そんな中でも昔ながらの方法で、本やテキストを使って指導しているところもあるので、自分が通うスクールを選ぶときには、どのようにして授業を受けられるかにも注目してみると良いと思います。
トレーニングの方法が無限にある分、気になる授業料もスクールによって異なります。月に掛かる費用は数千円から数万円などまちまちですが、初回は無料で体験学習を受けられるスクールもあるので、まずは自分に合っているかを無料で確認してみることもおすすめです。脳を活性化させるためにスクールに通うのであれば、何よりも自分が最も楽しめるものを見つけてください。

09スクールに通う生徒から多く寄せられる相談とは

スクールに通う生徒から多く寄せられる相談とは

普段の生活の中で脳を活性化させる方法がないか?という相談を多くの生徒から受けます。脳を活性化させるために効果的な習慣が、会話、運動、食事、睡眠の4つと言われています。
脳を活性化させようと意識的に会話をしている方はほとんどいないと思いますが、人と会話をしてコミュニケーションをとることは、脳を大きく刺激することになります。会話によって脳を活性化させるには、最低1日に1回は人とコミュニケーションをとることを心掛けましょう。
適度な有酸素運動をすることでも、脳を活性化させることにつなげると言われています。過度な運動を行う必要はなく、適度に息があがる有酸素運動を30分程度行うことで、神経細胞のエネルギー源が作られて海馬が大きくなります。具体的には10分程度のウォーキングやランニングをすれば良いです。
料理をすることも脳に刺激を与えます。料理をするということは、味付けや盛り付けなど常にいろいろなことを考えている状態です。野菜などの食物繊維や魚を摂ることも、脳に良いとされています。
適度な睡眠をとることも、脳に良い影響を与えることが分かっています。大人の場合は7〜9時間の睡眠が良いとされています。ちなみに、小中学生は9〜11時間、高校生は8〜10時間が適度な睡眠時間と言われています。

10中高年の生徒からよくある3つの質問

質問 認知症に予防に本当に効果があるの?
回答 中高年の方が脳トレスクールを利用する主な目的は、脳を活性化させて認知症を予防するためです。そのため、一番の興味はトレーニングが本当に認知症に効果があるかで、それに関する質問を最初に受けることが多くなっています。
脳トレを継続的に行うことで、衰えている認知機能を鍛えることができます。そのために、自分の認知機能の状態を自覚して、それに合わせたトレーニングを行うことがとても大事になるのです。
質問 どんなことを行うの?
回答 学習能力を高めるには、専門のアプリを使用したプログラミング学習などを行うスクールもありますが、認知症対策でのトレーニングでは、簡単な計算や間違い探しや楽しんでできるクイズなどを行うスクールが多くみられます。
年齢に合わせて難易度を調整して、なぞなぞやしりとりなどを取り入れているスクールもあるようです。スクールに通う前には、どのようなトレーニングを行うかの確認をしましょう。
質問 脳トレ以外に認知症を予防する方法とは
回答 脳トレ以外に認知症を防ぐことができないかという質問も、中高年の生徒からは多く寄せられます。
脳を活性化させるためには、適度な運動も効果的で、運動不足はどうしても生活習慣病のリスクを高めてしまいます。暴飲暴食を避けて、十分な睡眠をとることも、中高年にはとても大事なことです。

11高齢者がスクールを選ぶときの注意点

POINT 高齢者が脳トレスクールを利用する目的は、ほとんどが認知症防止のためです。そのため、スクール選びで大事なことは、その目的を達成できるかということになります。
脳トレには数多くの種類があるため、自分が楽しめないものもあって当然です。スクールに通うためには費用がかかるため、お金を払うのであれば楽しみながらトレーニングをするべきだと思います。
高齢化がどんどん加速していることもあって、高齢者向けのスクールも増えていて、選択肢が多くなっています。そのためスクール選びで大事なことは、妥協をしないことです。
自分に合わないと思ったら他を当たれば良いだけです。話を聞くだけならどこのスクールでも無料で対応してもらえますし、中には無料で体験学習を受けられるところもあります。
脳トレで大事なことは、自分のレベルに合っているかです。難し過ぎるとストレスになり、長続きしない大きな原因になってしまいます。ただし、簡単過ぎても脳の刺激にはならないので、自分に丁度良いレベルのトレーニングを提供しているかが重要になります。あとは、いかに楽しんでできるかで、やりたくないなどのネガティブな気持ちになってしまうようなスクールは選択しないようにしましょう。

12脳の老化を防ぐ回文とは

回文というのは、上から読んでも下から読んでも同じ言葉になる文字列のことで、「しんぶんし(新聞紙)」などが代表的な例としてよく挙げられます。
回文を考えることも立派な脳トレの一つで、脳の体操になるだけでなく、認知機能の維持にも高い効果があると言われています。
頭の中で考えるだけでなく、自分で考えた回文を声に出して読むことで、より高い効果が得られるとされています。
回文は認知症の防止につながることから、多くの老人ホームやデイサービスなどで実施されています。
年齢を重ねると物忘れがひどくなっておきますが、それは脳内にいき渡る血流が悪化することが関係しています。血流が悪くなると脳内に運ばれる酸素や糖分が不足し、それが認知機能を低下させる要因となります。
認知機能の低下を防ぐためには何よりも脳を刺激してあげることが大事で、脳トレが非常に効果的だとされています。
人間の脳は、前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉の4つに分けられ、前頭葉の前頭前野が、記憶や学習、感情をコントロールする役割を担っています。脳トレは前頭前野を活性化させて、脳が退化していくスピードを遅くすることができると言われているのです。
回文以外にも、老人ホームでは「なぞなぞ」「しりとり」「クイズ」なども、脳の老化防止のために行われているようです。

お役立ち情報(お客様の声)

ドローンを教材とした脳トレスクールが新しい!
展開
仕事で本格的に取り入れるために横浜のドローン操縦士初級コースを受講しました
展開
孫と一緒に横浜の脳トレスクールに通っています
展開
脳トレを始めてから子供に集中力が付きました
展開
脳トレスクールに通うようになって母が元気になりました
展開

PageTop

  • 株式会社イシリスインフィニティ
  • ブレインハートアカデミー
  • みんなの天才発掘塾
  • 一般社団法人日本記憶術協会
  • 速読(楽読)横浜スクール
  • YUMI∞Healing Office